音楽大学と音楽専門学校の違い

音楽大学と音楽専門学校の違いの大きな点は2つ、それはアカデミック視点とビジネス視点です。

どちらに何が欠けているという事ではなく、何をしたいのか、何を自分の音楽人生に取り入れたいのかがポイントになります。



音楽大学ではアカデミック的にとことん勉強します。


そのため、学校や音楽教室の先生になられる方が多く、音楽大学へ志望する方にとっては必要不可欠な存在者となります。


音楽専門学校では、それぞれが持つ個々の技術をどの様な方法でビジネス化させるかについての方法論を知る事が出来ます。


そのため、ライブ会場で即勤務可能な状態へと考え方や技術が身につきます。

時に、在学中より現場へ出る事もあり、そのまま就職する事が可能なケースもあります。

前線で活躍する某作曲家の経歴に、この二つの視点や学歴がある事は少なくありません。


音楽専門学校で一番大切な事は、ビジネスとして成功する音楽技術を手に入れる事です。

音楽専門学校情報はこちらです。

さらには、メジャーレコード会社との提携、または傘下にある音楽専門学校もあるため、デビューを目指す音楽人にとっては有り難い場所です。

何故なら業界との関係が密接にあるからです。
音楽大学にも同じ事は言えますが、目指すところが違うため、メジャーデビューに拘る方にとっては少々物足りなさを感じるかもしれません。

東京新聞の分かりやすい情報はこちらです。

しかし、個々の技術や考え方で大きく左右するのも事実であるため、何が良いか悪いかという論点で選択するよりも、自分にとって楽しい事なのか否かで考え選択すべきです。
とあるメジャーレコード会社が新人アーティストの育成として、音楽専門学校を利用する事もあります。